自分の介護士としての給料が低すぎと感じたら

2413e853a1aa4c4762be250f6853bd42_s

介護士の人材不足が叫ばれていますが、一方で介護施設の利益となる国から支払われる介護報酬が上がる兆しはありませんし、むしろ厳しくなっていると言えます。

介護職員処遇改善加算によって多少の引き上げはされていますが、介護士を増やす程の効果は期待できませんし、ましてや離職を防ぐほど効果もありません。

また、介護職員処遇改善加算は恒常的な手当として保証されている訳ではないので、国の判断次第で何時廃止されるかもわかりません。

もし、今働いている介護施設に長年働いているのに全く給料が上がっていなかったり、スーパーやコンビニのパートの時給と差がないのでしたら、その職場に見切りをつけて、他の施設に移動するのも一つの手段と言えます。

介護業界の企業全体が給料を上げる可能性は低い

介護施設は、規模によって受け入れられる人数が変わってくるので、介護報酬による売上の最大値は予測することができます。

そのため、全国展開しているような介護施設を除けば、利益を給料に還元できる金額も大きく変わることはありません。

また、国が介護報酬を改訂する可能性があるので、昇給して行く金額も含めて、月給・時給を安易に引き上げることも難しいのが現状です。

逆に人手不足などを考慮して人件費を引き上げたり、職場環境を向上できる介護施設というのは、全国展開しながら利益を増やせる介護施設だったり、常に要介護度の重い入居者を定員ギリギリまでいるような信頼されている施設と言えます。

体力のない介護施設は切り捨てられていく

0055221e74d7b59c0a1bcba6cbd71391_s

国は介護施設全体が生き残っていくように政策を練っている訳ではありません。それよりも税金の支払いをどれだけ抑えて介護制度を維持していくかが大切と言えます。

そのため、現段階で堅実な介護施設の運営ができていて、政策の変化に対応できる施設に生き残り、規模を拡大して貰い、逆に体力が無く、変化に対応できない施設には潰れて貰った方が税金の支出は結果的に抑えられますし、介護サービスの品質も維持、待遇の一定の保証による職員の確保とメリットが大きいと言えます。

要は変化に対応して、生き残れる程に入居者を総取りして、規模を拡大できる…といえるかもしれません。

そのため、現段階で他の介護施設よりも待遇が悪く、人手不足なら、改善せずに倒産して行く可能性が高いと言えるかもしれません。

介護業界は福祉という社会貢献性の強い業界になるので、働いている中で待遇が悪くても簡単には倒産しないだろう…と思っている人も多いですが、そのような事はないので注意してください。

むしろ、生き残りは年々激しくなっています。

給料が低すぎると感じたら転職も考える

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

介護業界の施設同士の競争は年々激しくなっているので、介護士側がも働く上で職場を選ぶことは非常に大切です。

初任給に関しては、高卒・専門卒が基準になるので低くなりがちですし、資格手当や役所手当もあるので未経験者・無資格者ですと他業界のパートと比較しても変わらない、または見劣りする可能性もあります。

しかし、給料や時給の上がり幅に関しては、やはり運営が順調な施設と悪い施設とでは大きな差があります。

規模が大きい介護施設でしたら、介護主任や施設長、エリアマネージャーなどの役職もありますし、給料も高くなりやすいです。

規模が小さいからといって一概に給料が安い訳でもないですし、規模が大きいからといって給料が他の施設よりも絶対に高い訳ではありませんが、最初に述べたように受け入れられる人数も変わってくるので、複数の施設を運営している訳ではないのでしたら、規模が大きい方が給料が上がりやすいです。

後は当たり前ですが、規模が大きくても施設の信頼性の問題だったり、待遇が悪くて人手不足が酷くて、満床にできないような施設ですと待遇は悪いと思った方が良いです。

ある程度の運営歴があって、入居者も多い介護施設の方が、長期的に働く上では安心できると言えます。

自分で施設の良し悪しを判断できない場合

5904d8055c23c0f4705a5965d8a99db5_s

介護施設の場合は、実際に働かずに施設の良し悪しを判断するのが難しく、分かるとしたら度を越えてブラックな介護施設程度だと思います。

人間関係の悪さに関しては、働かず事前に分かる方が凄い…と言えるかもしれません。

そのため、絶対ではありませんが、希望に近い介護施設で働くなら介護専門の紹介会社を利用するとよいと思います。

紹介会社の場合でしたら、担当のスタッフが直接職場に足を運んでいることもありますし、求人に掲載されていない情報…離職率や職場の雰囲気、有給休暇の消化率などを知れる可能性もあります。

また、一般の求人サイトには掲載されていないような非公開求人を紹介してくれる可能性もあります。

紹介会社は企業から成功報酬で売上を得るので、悪い噂が流れたり、斡旋しても成功報酬が貰える期間が勤めて貰えないような職場を斡旋しても意味がないです。

だからこそ、登録した介護士が長期的に働ける、希望に近い求人を紹介してくれます。

注意点としては、紹介会社も特化している地域やサービス、求人数も変わるので、比較的に大手で信頼できる紹介会社を利用する事をオススメします。

オススメの紹介会社:メドフィット

メドフィットは、全国の求人を扱っている紹介会社になります。

メドフィットの特徴としては、スタッフの人が非常に親身になって相談に応じてくれるので、あなたの希望を満たした、または近い求人を厳選して紹介してくれます。

出世しながら給料を上げたい、資格や経験年数に応じても時給が上がる、育児・家事と両立できる職場、自宅から近い介護施設、時給の高い派遣…このような希望を持っている人は社員・パート関わらずにメドフィットの利用がオススメです。

もし、今働いている介護施設や事業所に先が見えないのでしたら、国の政策や施設の変革を期待するのではなく、もっと待遇の良い職場に移った方が良いと思いますよ。

介護職の求人検索  「メドフィット 介護求人.com」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加