パソコンが使えない介護職員にはならないようにする

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

介護施設で働いている介護職員の中には、全くパソコンができない方しかいないこともあります。

現場で利用者の介護をすることがメインの一般の介護職員でしたら、それ程パソコンに触れる事はないので問題はないのですが、施設長や相談員、ケアマネジャー、そして介護事務となると話は別です。

特に施設長や介護事務がパソコンができないと、施設運営にそのものに影響を与える事があります。

シフトの作成、報告書、消耗品の発注、本社とのやりとり、会計処理…職種や現場に任されている役割によってもパソコンで処理する事は変わってきますが、施設長や介護事務が全くパソコンに触れない事は基本的にありません。

正直に言えば、本社から送られてきたリ、元からあるエクセルの雛形があればシフトの作成などは簡単(スケジュール調整は別です)ですし、会計もシステムが出来上がっているので入力できれば問題ありません(こちらも経理としての知識は別です)。

ただ、介護施設の職員の中には、パソコンを起動させることさえできない方も意外にいらっしゃいます。

それで、本社側に文句をいったり、管理者に文句を述べる方もいらっしゃいますが、施設長を目指していたり、介護事務になるのでしたら、最低限のパソコンの知識は持っていて当たり前です。

介護業界に関わらず、仕事をするなら最低限のパソコンスキル…エクセル・ワードの文字入力やメールの使用方法(教えて貰ったらすぐにできる程度)ぐらいはできなければ仕事が成り立たないと思った方がいいです。

スポンサーリンク

ワード・エクセルの遅さから仕事の効率が落ちる事もある

施設長の仕事は、相談員と一緒に利用者家族の対応、県や市との面談、営業活動、事務処理、現場の手が足りなければサポート…非常に多岐に渡り忙しいです。

そのため、パソコンに不慣れな事から生じる仕事の効率の低下は非常に時間が勿体ないです。

エクセル・ワードができる職員と、苦手な方の人では事務処理に掛ける時間も大きく変わってきます。

もし、現在パソコンに全く触れることがなく、ワードもエクセルもできないのでしたら、現場の一般介護職員として働いている段階で、家族などに相談してパソコンに触れさせて貰う事をオススメします。

もちろん、一切出世する気がなかったり、ずっと現場で働くつもりなら無理にとは言いませんが、出世して行くつもりなら最低限のパソコンスキル(スキルって程ではありませがんが)は身につけましょう。

施設によっては、施設長が全くパソコンができないことから、相談員やケアマネジャーに任せてしまっているようなこともありますが、そうなると仕事ができないと思われたり、周りに負担を掛けていると思われたりと良い点は一切なく、不満になる事もあるので注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加