介護士で年収500万円を目指す働き方

532a6e49ee8cde892faa2279bb0faa68_s

介護士で年収を500万円以上稼ぐとなると難しいと感じるかもしれませんが、実際はあなたが思う程難しくはありません(楽でもありませんが)

介護士の仕事をしながら年収500万円以上稼ぐ条件としては、介護施設・事業所の経営を堅実にしている企業で勤続することになります。

介護士の年収が低い理由の一つは、離職率が高い事と、中途の介護職員が多い事、そしてブランク期間を経て就職する方が多い事です。

いくら待遇の良い介護施設・事業所でも、就職した直後や転職した直後の給料は高くありません(役職枠は転職した時点で高い可能性はあります)。

一つの企業である程度の勤続年数を重ね、介護主任や施設長といった役職を得ることで給料は上がって行きます。

実際に、10代や20代から介護業界で働いている方の中には、30代や40代で500~600万円程稼ぐ方はいらっしゃいます。

そのため、30代や40代から中途の未経験者として就職しても、簡単には給料は上がりません。ただ、多くの方はキャリアがリセットされた事による給料の大幅の減額と仕事の忙しさから逃げてしまうのが現状です。

また、介護の経験にブランク期間が長いと、やはり様子見として給料は低いです。ただ、能力が認められば給料は上がりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

介護士として働く上での注意点

f95f3c32c011c202f8df09546de127d6_s

前述では、勤続年数と介護スキルが評価される事で給料が増えて行く事述べましたが、それは堅実な経営をしている介護施設・事業所になり、所謂ブラックな職場ではありません。

残念ながら介護業界の職場の中には、ブラック企業も存在します。そのような職場でしたら、勤めるだけ時間の無駄となりかねません。迅速に転職活動を始めるようにしましょう。

介護施設・事業所の探し方

オススメとしては、介護専門の紹介会社を利用することです。

介護専門の紹介会社は、求人依頼の合った企業の職場環境を調査しているので、あなた自身で企業調査せずに詳しい事を聞けることできます。

そのため、経験を積み、介護スキルを磨けば正当に評価され給料に反映されて行ける職場かどうか代わりに企業に聞いてくれます。

また、キャリアコンサルタントに事前に、前述したような優良な企業が運営している介護施設・事業所を紹介して貰うようにしましょう。

あなた自身の手で探すよりもブラック企業を選ぶリスクを減らせますし、長期的に働ける職場に出会える可能性を上げる事が出来ます。

⇒オススメの介護専門の紹介会社

年収500万円を稼ぐなら介護士として働く覚悟が必要

何度も言うように、介護士で年収500万円を稼ぐためには、経験を積み、実力を高める必要があるので、介護士として働き続ける覚悟が必要になります。

年収500万円と書きましたが、他の業界で稼ぐ方が人によっては楽な可能性もあります。その事を考慮した上で介護士として働き続けるか考えるようにしましょう。

なお、役職を得ると、現場の介護の仕事だけではなく、他の介護士の指導や教育も求められますし、利用者家族の対応や県や市との面談といった責任のある仕事も増えてきています。

やりがいがのある仕事は増えますが、その分介護以外のスキルも必要になって行く事も忘れずに働くようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加