介護施設 認知症の利用者からの暴言・暴力

介護施設における利用者はお客様になるので、認知症の利用者からの暴力や暴言に受け身がちになりやすいです。

暴言まででしたら、ある程度受け流すこともできますが、暴力行為になってくると、最悪命の危機を感じることもあります。そのため、暴れる事が多い利用者に対しては、適切な対応を取る事が大切になります。

スポンサーリンク

認知症の方を怒らせたりする行為をしていないか考える

認知症の方は、上手く意思表示できませんし、自制心も弱まっているので、相手の意思に反する事をすると簡単に暴れたり、暴言を吐くことも多いです。

そのため、自分や周りの介護職員に対して怒り出す時の事を思い出して、どのようなケースに怒り出すか考えて見る事が大切になります。

また、怒らせやすい介護職員と、平気な介護職員がいないかも確認して、比較するのも良いと思います。

介護職員本人は、気にしていなくても、介護職員のちょっとした言葉遣いや、体に触れる際の確認などが原因の場合もあります。

また、介護職員ではなく、他の利用者が関係していることもあるので、注意深く利用者同士の関わりも観察しておくようにしましょう。

他にも利用者の体調不良なども関わって来ることがあるので、主治医にも相談すると良いかもしれません。

一人で抱え込まないようにする

67351192ac40d543aa45e62d52eae480_s

認知症の利用者の対応をするのは、ベテランの介護士でも非常に難しいです。そのため、仮に上手く対応できなくても一人で抱え込まずに、周りに助けを求めるようにしましょう。

上手く対応できる介護職員がいるのでしたら、真似できるように観察する事をわすれないようにしてください。もし、介護職員全員にとって対応が難しいのでしたら、それこそサポートし合う事が大切です。

また、危険な暴力行為があるのでしたら、管理者や施設長に適切な対応をできるように対応して貰いましょう。

現場の介護職員の声が集まり、施設長や管理者も納得すれば、利用者の家族と相談した上で、退居して貰うという選択肢を取って貰うこともできます。

利用者の行為には、何でも我慢する義務はないので、無理だと感じたら必ず相談するようにしてください(自分の身を守る事が一番大切です)。

下手に我慢するとストレスが溜まり、体調を崩したり、鬱の原因になることもあるので注意してくださいね。

利用者の暴力・暴言は多いのか

介護職員として働いてる方の半数近くは、暴言や暴力に合った経験があると言われています。

利用者同士のケンカに巻き込まれたなどの、一度切りの事故のようなものもあれば、毎日のように頭を悩ませている人もいます。

前者の場合でしたら、再発しないように取り組む事も出来ますが、後者の場合でしたら一人ではどうにもならない事が多いですし、それこそ退去して貰う以外選択肢がない場合もあります。

どちらにせよ、施設長や介護主任に相談する事は忘れないようにしてください。もし適切な対応をして貰えないのでしたら、施設を運営している本社に連絡したり、場合によっては迅速に他の介護施設などに転職しても良いと思います。

⇒優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

自分の体と心を最優先にして働くように心掛けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加