介護職員の上下関係による言葉遣い 

692a933a400f91f2ef622f7a1a76c309_s

介護職員同士の人間関係で問題になりがちなのが、言葉遣いになります。

介護職と働いていると、自分よりも年下で介護キャリアも低い職員が介護リーダーや介護主任、または施設長として働いていることもあります。

これは、単純な仕事の能力だけが考慮されているのではなく、社員やパートといった立場の違いや、一つの介護施設に在籍している勤続年数の違いなども関わってくることから仕方がないと言えます。

特にパートの方だったり、他の介護施設に移る方の場合でしたら、避けられない点と言えます。

介護職員によっては、自分よりも年下で、介護士としてのキャリアも自分よりも短いのに、相手が介護リーダー、施設長という立場なことから命令口調で指示される事に腹を立たせる方はそれなりにいらっしゃいます。

気持ちは理解できますし、人によってはかなりきつい言葉遣いをする人もいらっしゃるので不満を感じても仕方がない側面もあります。

できれば年上を敬って欲しいと感じたり、介護士としてキャリアも考慮して欲しいと思いたくなるかもしれません。

ただ、理解して欲しいのは、これは介護業界に限った話ではないことです。

他の業界でも年下の上司の下で働く必要がでてくることもありますし、命令される事なんて日常茶飯事と言えます。

そのため、介護士として働く上でも、ある程度の我慢をして行かなければ続けて行く事は難しいと言えます。

スポンサーリンク

仕事中は余裕のない事が介護職員が多い

介護の仕事は相手がいるので、場合によっては1分1秒の指示の遅れが事故などに繋がることもあります。また、忙しい時間帯になどに後輩などが失敗をすると口調が厳しくなってしまう方はいらっしゃいます。例え本人が気にしていてもです。

実際に仕事でミスした際に、年下だったり、キャリア自分よりも短い上司に怒られるのはプライドが傷つくこともあるかもしれませんが、それよりも2度目がないように注意する事と、企業に雇われて仕事に従事している事を忘れないようにしましょう。

偶に口だけの施設長や介護主任などもおり、腹が立つこともありますが、その場合でも直接仕事に支障を与えないのでしたら耐えることも必要な場合があります。逆に、支障を与えるのでしたら、さっさと転職することも視野に入れた方が良い場合もあります。

どちらにせよ、介護はボランティアではなく仕事なので、我慢して働く必要のある場合と、転職した方が良い場合は自分の判断で区別するようにしましょう。

ただ、自分よりも年下だったり、キャリアが短いといった理由から、介護主任や施設長の命令口調などが気に入らないと思っていると、働ける職場が無くなってしまうと思った方がいいです。

逆にあなたが、人を使う施設長や介護主任になった場合は、言葉遣いに注意するようにしましょう(怒る必要がある時は別ですよ)。

前述したように、緊急時などは言葉遣いが悪くなってしまう事もあるかもしれませんが、その後にフォローする事をオススメします。これは、相手の年齢やキャリア関係ありません。

人間関係が良好な程に介護施設内も働きやすくなりますし、一人一人の仕事の負担も軽くなります。

当たり前の話ですが、自分が嫌な気持りになる事を、相手に取る事はないようにしましょう。もし、仮に実行してしまったら、必ずフォローする事を忘れないようにしましょう。不要に敵を作る事のないように心がけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加