介護 夜勤を回避して働く事はできるのか

044790

夜勤を回避したいのでしたら、介護施設や事業所に入社する前に、面接などで勤務時間やシフト数、そして夜勤の有無などをしっかりと確認する必要があります。

夜勤ができないとなると、働ける勤務先は減るかもしれませんが、全く無いと言う事はないと思います。

夜勤と聞くと避けたがる方は多い一方で、夜勤手当でお金を稼ぎたい方も一定数いらっしゃいます。施設によっては、夜勤専従として介護職員を雇用することもあります。

また、介護職員の人手不足も合わさっているので、ある程度介護職員の希望を聞いてくれる事が多いと思います。

ただ、嘘を述べて取りあえず採用するような悪質な企業もあるので注意はしてくださいね。

スポンサーリンク

選び方次第では夜勤が無い職場で働ける

夜勤がない可能性のある介護の職場としては、デイサービス訪問介護になります。

デイサービスに関しては、朝から夕方までのサービスになるので夜勤はありません。ただ、サービス付高齢者住宅やシニア向け貸借住宅などが併設されていることもあるので注意してください。

デイサービスと併設されている住宅で勤める職員が違う場合でしたら問題はありませんが、兼任の場合は夜勤を求められることがあるので注意しましょう。

訪問介護も日中のみのサービス展開をしている事業所もあれば、24時間を通してサービスを提供している事業所もあります。

そのため、デイサービスの場合は、併設している住宅がないか事前に確認して、もし併設されている施設に応募するのでしたら、面接で夜勤を絶対にしない事を述べておきましょう。

訪問介護の場合も同様です。

注意点としては、前述したように嘘を付いて来ることがあります。

そのような事態を防ぐのでしたら、介護専門の転職エージェントなどを利用して、優良な介護施設や事業所を紹介して貰う事をオススメします。

⇒優良な介護施設・事業所を探す方法

既に夜勤のある介護施設で働いている場合

夜勤のある介護施設で、夜勤を回避するのは非常に難しいです。事前に夜勤ができないと伝えた上でしたら別ですが、そのような確認をしていないのでしたら、断る事は難しいと思った方がいいです。

パートの場合でしたら、責任は少ないですし、最悪退職してしまっても良いですが、社員となると、夜勤の配置が足りないのに自分はやりたくないととは言えません。

また、他の介護職員に夜勤を押し付けてしまうと、職場の雰囲気も悪くなってしまいます。そのため、どうしても夜勤が嫌でしたら、前述したような介護施設などに転職するように心掛けましょう。

なお、社員として出世して行く、例えば介護主任や施設長になりたいのでしたら、夜勤は避ける事ができないと思った方がいいです。

やはり人手が足りない時は、役職を持つ人間が埋め合わせる事が求められます。

その点も考慮して夜勤に入るか否かも考えるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加