介護の仕事は人間不信になりやすいのか

1e12ba7cfa893d2e4e525fa11c9b053e_s

介護の仕事で人間不信なったという話は、偶に聞きます。これは、介護の仕事に限った話ではなく、女性の職場になりやすい病院(看護師)や保育園などでも聞く事があります。

やはり女性の職場となると、派閥ができやすくなるので、職場を仕切っているベテランの介護職員などに嫌われると働きにくくなります。施設長が派閥などをできないように気を配っていると、比較的に良好な人間関係が構築されている事も多いですが、その辺りは入社する際に見極める必要が出てくると言えます。

なお、人間不信になったという話では、後輩から他の介護職員(自分よりもベテラン)の愚痴を聞いて同調したら、その介護職員に何故か伝わり、愚痴を言った後輩介護職員は知らんぷり…何て話を聞いたこともあります。

愚痴や不満を言った言わないなどは、介護施設内の雰囲気を悪くする上に、真偽が不明でも疑惑を持たれる原因になります。

そのため、他の介護職員の悪口や愚痴は勿論ですが、適当に同調するような事も辞める事をオススメします。どのような経緯で他の介護職員に伝わるか分からないからです。

スポンサーリンク

施設長が施設のトップに立てているか判断する

働く介護施設を探す際に注意したいのが、施設長の人柄になります。前述したように、施設長が施設をしっかりと管理し、職員をマネジメントできていると、職場内が荒れにくいです。

ベテランの方ですと、介護施設ないの派閥や、特定の介護職員が強い影響を及ぼす事の危険性を知っているので、極力防いでくれますし、採用する介護職員も問題のある人材を選ばないように注意してくれます。

逆に、介護職員に対して指示ができないような気弱な方や、逆に施設長でありながら派閥に所属しているような施設長が運営している介護施設は絶対に避けることをオススメします.

新人の教育が充実しているか見定める

介護業界は、人手不足が深刻な業界になります。そのため、新人介護士の育成が至上命題の一つと言えます。

1からしっかりと育てて、離職率が低い施設は働きやすい施設と言えます。結果的に施設に愛着を持ってもらい、長期的に働いて貰えれば、職場自体の負担が軽くなるからです。一方で、新人の教育を放置したり、派閥でイジメをしたりするような介護施設は将来性がないと言えますし、それこそ人間不信になってしまいます。

そのため、仮に新人介護士ではなく、イジメられる立場ではなくても、このような新人いびり等が存在するような職場で長期的に働く事はオススメしません。

それこそ、そのようなブラックな施設側職員に染まらない内に脱出するべきと言えます。

⇒優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

ある程度の人間関係の悩みは諦める

人間不信になる程とは言わなくても、仕事をして行く上で人間関係の悩みは付きものです。

介護施設の場合は、職場が狭い上に閉鎖的なので、悪い噂などは簡単に広まるので、人間関係に対しての配慮は必要です。

特に介護の仕事は、利用者の対応で手いっぱいになりやすいので、他の介護職員に対する口調なども厳しくなってしまう事も多いです。ある程度の理解がある職場でも、自分に落ち度があったり、悪い印象を与えたかもと思ったら、仕事が終わった後にでも謝罪する事を心掛けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加