介護職員による市や県への密告

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

退職する介護職員が県や市に密告する事は意外に多いです。この密告の内容が正しいこともあれば、単なる嫌がらせな場合もあります。

前者の場合は、ブラックな施設運営をしており、人手不足な事から碌な介護運営ができていなかったり、暴言、無許可による身体拘束などが黙認されている事に危機感を感じた介護職人による密告等が挙げられます。

一方で後者の嫌がらせとは、問題行動の多い介護職員が施設側から咎められて、ある事ない事を脚色して市や県に密告することになります。

健全な運営をしている介護施設側としては、後者の密告が怖いため、大手の企業程に、退職する方の対応には気を配るようにしている事が多いです。

スポンサーリンク

県や市は簡単に密告に動くのか

密告の内容にもよると思いますが、実際に働いていた職歴などがあると、県や市も無視するのは難しいです。例え評判の良い介護施設でも万が一はありますからね…

なお、この密告が計画的に複数人同士で行わる事もあるようです。もちろん、真実の密告もあると思いますが、一方で嫌がらせのためだけに実行する方も一定数いらっしゃるのも事実です。

市や県にとっても余計な手間になりますが、施設側としては、例え後ろめたい事がなくても、立ち入りがあるのでしたら、準備をする必要があるので、余計な人件費とコストを支払う事になります。

ある意味では密告した時点で、ある程度のダメージは確約できると言えるかもしれません…

市や県の監視は厳しくなっている

税金が使われている事から、市や県の介護施設や事業所を見る目は厳しいです。

また、介護の問題はニュースなどにも取り上げられるので、市や県も敏感になりやすいです。

そのため、最近は介護施設側もトラブルを回避するために、利用者の入居に関わる契約書、ケアプラン、委員会の報告書の作成と厳重な保存、整理から防火管理といった安全面に力を入れている施設も増えています。

まあ…一方で無許可の介護施設もあるので、あくまでも届け出をしっかりと出している介護施設に限られますが。

ただ、リスクを回避する行動は介護職員に対しても、より正確な仕事や衛生面における徹底、そして入居者に対する注意深い介護が求められます。

そして、施設長には、密告などを生じさせない良好な人間関係の構築が求められます。

要は現場の負担も重くなっていると言えます。しかし、必要なことでもありますし、逆に対策をしていない介護施設の方が心配とも言えるので、一概に悪い事ではありません。

内部監査による不正の防止

大手の企業となると、コンプライアンスや介護のマニュアルなどを充実させ、内部監査を置く事をも多いです。

特に施設数が増えて行くと、一つの施設の問題が他の施設の信用問題にも直結します。したがって、大手になる程に隠れた不正やトラブルに敏感になります。一方で働く立場としては、企業側がトラブルの対処などを率先してくれるので、安心して働けるとも言えます。

もちろん、規模の小さい施設でも堅実に運営している施設は多いですが、一方で前述したように無許可の介護施設もあるので、働く上では注意した方がいいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加