フリーターから介護職の正社員を考えている方へ

フリーターから介護職の正社員になる方は結構いらっしゃいます。理由としては、介護業界は人手不足が深刻な事と、他の業界よりも門戸が広い事が挙げれます。

30代、40代の方の未経験・無資格の方でも介護職の正社員として働くことができるので、家庭の事情などで高校を中退してフリーターとして働いていた方や、夢を叶える事ができずに30代手前でフリーターから正社員になる方も拝見する事があります。

フリーターから正社員になる方法として、介護職に就く事はを勧められるかと問われると、その人の適性次第としか言えませんが、他の業界よりもハードルが低いのは確かだと思いますよ。

また、デイサービスや訪問介護などを選べば、夜遅くになる事も少ないので、他の人手不足の業界よりも働きやすいとも言えます。

介護職は給料が低いと言われますが、ブラック企業ではなく、適切な運営をしている介護施設でしたら、賞与も1~3ヶ月分出る事も一般的ですし、勤続年数と共に昇給もして行きます。

20代から勤めている方で、しっかりと経験を積み重ねて行けば、年収500万~600万円程稼ぐ方もそれなりにいらっしゃいます。

低い水準の原因の一つは、30代、40代からの転職者が多い事と、仕事の忙しさから離職率が高い事、そして女性中心の職場が多いので、結婚や出産を期に退職してしまう方が多いこと挙げられます。

そのため、長期的に介護の仕事を続けている方が他の業界よりも少ない事が、給料の水準が低い原因の一つと言えます。

まあ…それを考慮しても、高い水準とは間違っても言えませんが。

スポンサーリンク

フリーターから正社員になる前に取得しておきたい資格

64c6103a1092189520590f3148659262_s

フリーターから正社員になるのでしたら、介護職員初任者研修の資格を事前に取得しておくと良いかもしれません。

施設職員でしたら、無資格でも働けますが、介護職員初任者研修の資格を持っていれば、毎月3000円~5000円程の資格手当が貰えるのが一般的です。

資格と言いましたが、講義を受講する必要があるので、短期間で終わらせるコースでも1ヶ月程掛かります。働きながらですと、3ヶ月程掛かる事もあるので、事前に取得しておいた方が良いと言えます。

介護の仕事は、慣れるまで本当に辛いので、勉強する気力が湧くかと言えば…難しいです。

なお、講義を真面目に受ければ、基本的に落ちる事はないので安心してください。

県が無料で講義を提供してくれるコースもありますが、県が推薦する介護施設の入社を前提にされる事が多いので、自分で職場を選びたい方にはオススメしません。

⇒無駄な介護資格にお金と時間を使わない

介護の仕事は職に困る事がない

介護の仕事の一番の利点は、職に困る事が無い事だと思います。

少子高齢化が進む事を考えると、介護の仕事で職に困る事はないと思います。また、職歴にハンデも少ないので、ブラック企業だと思ったら迅速に転職できるのも利点と言えるかもしれません。

介護にもキャリアプランは複数存在する

介護職員の正社員と聞くと、ずっと現場で介護の仕事を続けて行くのかと思う方もいらっしゃいますが、そのような事はありません。

若いときから正社員として働いているのでしたら、施設長やエリアマネージャーまで出世する事も難しくありません(職場を見極めることも大切ですが)。

介護施設の売上を上げるために、病院や市に営業をすることもあれば、利用者の家族に入居を進めるために面談することもあります。

人によっては、ケアマネジャーの資格を取得して独立したり、ケアマネジャーの事業所に転職する方もいらっしゃいます。

また、現場の仕事が辛くなった人の中には、福祉用具を扱っている企業に転職して、現場の介護職の経験を活かして営業している方もいらっしゃいます。

将来のキャリアプランを考えながら働く事ができれば、選べる選択肢は豊富…とまでは言いませんが、それなりにあります。

フリーターから介護職の正社員を目指しているのでしたら、介護職になって働くことだけを目標とするのではなく、その先も考えた上で働くと良いかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加