無駄な介護資格にお金と時間を使わない

w5

介護の資格に関わる事ではありませんが、業界・職種に関わる資格は複数あります。介護に関しても、資格手当が支払われる資格から数日で取得でき、資格手当も支払われない資格まで多数あります。

気軽に取れるからといって資格を何でも取得するのは、時間とお金の無駄…とまでは言いませんが、もし取得するのでしたら専門職に就ける資格や資格手当が支払って貰える資格を先に取得する事をオススメします。

スポンサーリンク

資格手当や出世に関わる介護資格

介護の仕事を長期的にしていくのでしたら、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)といった資格を最優先に取得して行く事をオススメします。

介護支援専門員に関しては、専門職に就かなければ資格手当が払われない事が多いですが、介護職員初任者研修と介護福祉士は一般的に資格手当が支払われます。

実務者研修は支払われない事が多いですが、介護福祉士の試験を受けるために講義を受講し修了する必要があります。また、訪問介護といった事情業ではサービス提供責任者として働く事も可能です。

出世にも関わる事があるので、取得して損はない資格と言えます。

ただ、介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格に関しは、取得難易度は少し高いですし、試験を受けるのに条件もあるので注意してください。仕事をしながら勉強するのは、時間的に大変ですが、時間を見つけて少しずつ勉強を進めるように努めましょう。

医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

資格手当が支払われない介護資格

無駄…とは言いませんが、それよりも先に前述した資格を優先的に取得する事をオススメします。

具体的には、介護事務、福祉住環境コーディネーター、ガイドヘルパー、福祉用具専門相談員などになります。

介護事務以外は、特定の介護の仕事に従事する際は必要となったり、活かす事ができる場合もありますが、通常の施設勤務や訪問介護で役に立つことは稀ですし、資格手当が支払われる事はないと思います。

介護事務に関しては、介護業界の事務に就く前の予習といった意味合いが強いです。介護施設の事務は、専門用語も多いので、一般的な事務と思って就職すると戸惑う方が多いからです。そのため、働く前に一度勉強する事に意味はないとは言いません。

ただ、取得してもそれ程転職などで評価はされないかもしれません…

しかし、福祉用具専門相談員は介護保険の指定福祉用具貸与事業所で働く際は必要される事があるので、現場の介護から離れた介護の仕事をしたい方にはオススメかもしれません。

福祉住居コーディネーターに関しては、必須の資格ではありませんが、住居のバリアフリー化に関わる仕事に就く場合は多少評価される可能性もあります。

ガイドヘルパーに関しては、デイサービスで働く際に、障害者の外出時従事する際に役に立つ事はあります。

特定の仕事に従事するさいに役立つ可能性があるので、現場の仕事を離れた介護の仕事をする場合や、前述した介護職員初任者研修や介護福祉士の資格を取得した後に、より専門的な知識が欲しいと感じた際に取得する事を検討しても良いかもしれません。

資格の多さに振り回されない

業界職種問わずに資格は溢れかえっています。嫌ことを言えば、情報に疎い受講者や資格マニアの方にお金を落として貰うためのような意味のない資格も多くあります。

専門学校にサイトに載っているような資格の説明には、「需要が多い」、「将来的に価値のある資格」等と言われていても簡単に信じない方が良いです。

仕事に本当に必要な資格なら、企業側が資格手当などで積極的に推進します。また、希少性が高いために価値のある資格でしたら、ネットに広がるまでに取得しなければ意味が無い場合もあるので注意しましょう(介護業界には関係ないと思いますが)。

なお介護の求められる資格に関しては、国がキャリアステップを公表しています。

具体的には、前述した「介護職員初任者研修⇒実務者研修⇒介護福祉士」になります。

将来的には、介護福祉士の上にあたる「認定介護福祉士(仮称)」が作られると言われています。認定介護福祉士に関しては、どのような扱いになるかも分かりませんが、介護職員としてキャリアを積んでいくのでしたら上記のようなステップで資格を取得して行くようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加