新人介護職員と先輩職員との関わり方

9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

新人介護士として頭を悩ませるのは、介護の仕事だけではなく、先輩介護士との人間関係も含まれる事が多いです。

新人介護士の場合は、分からない事が多く先輩介護士とのフォローや教育は必須とも言えます。

ある程度規模の大きい企業が運営している介護施設でしたらマニュアル等があり、教育も整っていることがありますが、それでも個別の介護施設単位で見ると、働いている先輩介護士との相性によっても働きやすさは変わってくると思います。

スポンサーリンク

基礎を学ぶ事に力を入れる

介護士は社会貢献性が高い仕事ですが、一方で介護に対する価値観も異なってきますし、入居者に対する向き合い方にも差異はあります。

多少のサービス残業を承知しても、入居者とコミュニケーションする方もいれば、時間内に必要な仕事を終わらせる事を優先する方もいらっしゃいます。

極端に偏ると、入居者に迷惑を掛けたり、他の介護士に負担を知らずの内に掛ける原因になりますが、ある程度でしたら、それぞれが我慢する必要が求められます。

そのため、新人介護士の方の中には、先輩介護士の介護の対する姿勢などに疑問を思う事もあるかと思いますが、否定から入るのではなく、まずは介護の基礎を学ぶ事を優先していきましょう。その上で、あなた自身の介護に対する向かい合い方を考えて行く事をオススメします。

※明らかに虐待なのではと感じたり、教育になっていないブラックな介護施設も存在するので、その場合は施設長に相談しましょう。施設そのものがブラックだと感じたら、他の職場に迅速に転職する事をオススメします。

⇒優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

利用者に向き合う事を一番にする

正直な話を言えば、介護施設における陰口といった嫌な側面が全くない職場は少ないです。

そのため、職員全員と仲良く働いて行く事は諦めた方が良いです。もし、一時的に仲の良い職場を構築できても、人の入れ替わりが激しいの介護業界になるので、同じ人間関係が何年も続く事は稀です。

したがって、ある程度の人間関係における悪い部分は気にしないようにする事が大切になります。

ただ、これは介護業界に限らずに他の業界の企業にも多かれ少なかれ存在します。どうしても仲良くできなかったりする方や、陰口などをする方はいらっしゃいます。

介護の仕事を長期的に続けている方の多くは、最終的には利用者の介護を最優先に考える事に力を入れている傾向が強いです。また、仕事と割り切って介護に支障がないなら周りの評価は気にせずに働いている方もいらっしゃいます。

施設長といった立場の方や、出世を目指す方でしたら、ある程度の立ち位置を確保する事も求められますが、パートの方や、出世を目指していない社員の方でしたら、あまり問題なく仕事ができる環境か否かを優先する考え方も大切です。

一方でイジメや嫌がらせといった、介護仕事を阻害されるのでしたら、もっと働きやすい職場に迅速に転職するぐらいの切り替えができると良いかもしれません。

ただ、実際にここまで割り切れる方は少ないのが現状ですが…

⇒介護業界にホワイト企業は存在するのか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加