介護の職場 人間関係のトラブルが発生しやすい理由

9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

介護の職場で人間関係のトラブルが発生しやすい理由としては、いくつか存在します。

まず一つは、女性中心の職場になる事と、介護職場の独自のルールがある事です。

女性が3人以上いると派閥ができると言われており、介護施設の職場は、多くの女性がいらっしゃいます。そして派閥ができるとルールのようなものもできますし、新人介護職員にもルールの強要をするようにします。

施設長がしっかりと管理していれば、そのような派閥ができない…とは言いませんが、仕事で問題になる程に規模が拡大する事は少ないですが、偶に職場が荒れる程に人間関係のトラブルが発生する事もあります。

男性介護士が何人かいると派閥ができにくい?とも言われています。

ただ、男性の場合ですと、新人の方に多いのが、利用者よりも仕事を早く終わらせる事に重視しがちで少し問題になることも多いです。

スポンサーリンク

イジメや無視といったトラブルの発生原因

イジメや無視といったトラブルは介護の現場では、それなりに発生します。扱いが難しい入居者の対応を任せるといった遠回しな嫌がらせなどもあるようです。

何故このようなイジメが発生しやいかと言えば、一つは介護の職場しか知らない方が多いのが原因と言われています。

介護の職場は、閉鎖的な環境であり、前述したように独特なルールが存在する事があります。そのため、他の企業では見られない子供っぽいイジメや嫌がらせ、無視等が発生しやすいです。

最終的には、人手不足の原因になって、自分達の仕事が大変になるのですが、それとこれとでは話は別なのかもしれません。

人間関係のトラブルが少ない施設の見極め方とは

人間関係のトラブルは大なり小なりありますが、それでも仕事をする中で問題が発生しないレベルで抑えられていないと長期的に働き続ける事は難しいです。

そのため、人間関係のトラブルが重症化しない職場かどうか入社する前に最低限の確認はするようにしましょう。

前述したように男性が多いと人間関係のトラブルが発生しにくいです。そのため、施設によっては職員の半数を男性介護士にする事もあります。また、男性介護士がいると、利用者の暴力や暴言も減るといった傾向もあります。

ただ、男性介護士の数はまだまだ少ないので、探すのは難しいと言えます。正直いって1人2人いるだけでは、あまり派閥の構築などには影響を与えないのが実情です。

そのため、介護施設の人間関係のトラブルや派閥の構築を防ぐ一番の役目を持つ施設長の人柄を見定めるようにしましょう。

頼りにならないような方、質問等をしても受け答えができず仕事ができなさそうな施設長には注意しましょう。多少厳しそうでも、答え辛い質問にもはっきりと答えてくれうような施設長が良いでしょう。また、職場の見学もおこない、職員の仕事の様子も確認しましょう。言葉遣いが悪い、清掃が行き届いていない、チームワークが取れていなかったりしたら注意しましょう。

これでも、最低限の確認なるので、運が悪いと働きにくい職場を引き当てる可能性はあります。

もし、出来る限りブラックな職場を引き当てるリスクを減らしたいのでしたら下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

⇒優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加