介護職 退職と転職を繰り返すリスク

68d07b10da2e4b60816_s_mini

介護業界は退職と転職が多い業界になるので、職場を変えること自体は珍しいことではありません。

ただ注意して欲しいのは、地方に住んでいる方の退職と転職の繰り返しになります。

都市部しでしたら、介護施設、訪問介護の事業所が多数あるので、職場を転々としてもそれ程噂になりませんが、地方の場合ですと介護の職場もある程度限定されていきます。

そのため、ある地域で働く介護職員同士のネットワークも強くなっていきます。

そして、短期間の内に職場を変え過ぎると、その方の悪い噂や情報が共有されてしまうのです。

一度不都合な噂が定着すると、簡単に消える事はなくなり、問題のある介護士と思われてしまします。

そうなると、応募書類を提出しても、書類選考で落とされるようになってしまいます。

人手不足なブラックな職場でしたら、採用されるかもしれませんが…そのような職場に進んで働きたいと思う方は少ないと思います・

したがって、地方でお住まいの方で、介護の職場が少ない地域の場合は、度を超した退職と転職の繰り返しは留まるようにしましょう。

それよりも、少ない転職で長期的に働ける職場を探す事に努めた方が、時間も体力も無駄にせず済みます。

⇒優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

スポンサーリンク

退職時に注意する事

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

前述したように介護士同士のネットワークは、施設が異なっても結構強いことがあります。理由としては、介護施設・事業所の入れ替わりが激しいため、ある施設で働いた介護職員と、転職後に期間を置いて同じ職場になる事も少なからずある事が挙げられます。

介護士のネットワークは、介護職員の悪い噂や情報だけではなく、介護施設や事業所も含まれるので、一度評判が傷ついた介護企業の職場の離職率は跳ね上がったり、応募も激減する事もよくあります。

少し話は脱線したまが、転職でも一度介護の仕事から離れる上でも、退職時はある程度のマナーを守るようにしましょう。

退職した施設の介護職員の方達も、他の施設・事業所に転職する可能性は十分あります。

したがって、退職時に不快感を与える手段で止めると、将来的に再度同じ職場で働く事になった時に悪い噂が流れる可能性あります。

そのため、退職時は出来る限り円満退職を目指すようにしましょう。

ブラック企業なら最低限のマナーだけ守る

バックレはオススメしません。給料が支払われなかったら、結局揉める事になりますし、離職届や源泉徴収票を貰ったり、健康保険証や制服の返却もあるので面倒です。

そのため、最低限のマナーとして施設長や管理者に対して辞める事を告げ、同じ職場の仲間にも挨拶ぐらいはするようにしましょう。

できれば、就業規則を守って1ヶ月~3ヶ月(基本的に1ヶ月だと思います)前に退職の意思を伝えるのが一番良いです。ただ、そんなに働けない環境でしたら、就業規則よりも優先される法律の14日をもって辞めても良いと思います。

仮に企業が引き留めて法律が優先されるので、無理やり辞めても大丈夫です。

もし、離職届や源泉徴収票を催促しても貰えないのでしたら、労基に頼めば代わりに企業に通知してくれますると思います(一度あなたが催促する必要があるようです)。

噂や情報に関しては、ブラックな職場であり、転職も度を越して繰り返いしていないのでしたら、それ程問題になる事は少ないと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加