介護の仕事 辞めたい

介護の仕事を辞めたいと感じる理由は、個人の境遇によっても変わってきます。

社会に初めて出て、介護職員として働く方、他の仕事から転職してきた方、結婚を期に一度辞めて復職した方、辞めたいと感じる理由も変わってきます。

スポンサーリンク

新人介護職員の辞めたい理由

介護の仕事を辞めたい…と思う強さは人によって変わって来ると思いますが、特に新人介護職員に多い傾向があると思います。

専門学校卒業の方や大卒の方ですと、思っていた仕事と現実の仕事のギャップが激しく短期間で辞めてしまう方が多いです。

勿体なくはありますが、間違った選択でもありません。

合わないと感じた仕事でしたら、早い段階で辞めるのは介護に限らずに、絶対に正しい判断とは言いませんが、間違った選択とは言えません。

個人的に勿体ないと感じるのは、介護施設側だと思います。

社会経験が初めてなのでしたら、先輩介護職員のサポート具合で負担の大きさも変わってきます。

介護業界では、自分が新人の時に辛かったり、大変だった事を、せっかく入社した新人介護職員も一人で乗り越えて当たり前と感じる方がいらっしゃいます。

サポートして上げて、少しでも離職率が下がれば自分も仕事が楽になる事は分かっていても、行動に結びつけられない方が多いのが現状と言えます。

他業界から転職した方が辞める理由

内容としては、新人介護職員同様に、働く前に思っていた仕事と、実際の仕事内容とのギャップになると思います。特に、トイレ介助や入浴介助といった汚れ仕事が辛いと述べる方が多いです。特に大便を漏らされたりすると…精神的にも、ケアも難しい仕事になります。

また、他業界からの転職ですと、キャリアがリセットされてしまうので、基本的には給料が大幅に下がります。

その上仕事内容も辛いとなると、仕事を辞めたくなってしまう事が多いようです。

実際にこのサイトを見ている方の何割かが、給料や休日の低さと仕事内容が見合っていないと不満を持っているのはないでしょうか?

介護の仕事を辞める前に考えるべき事

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

・介護の仕事が嫌いなのか
・今の介護職場が合わないのか

この2つのどちらが自分に当てはまるのか考えてみましょう。

もし、介護の仕事そのものが嫌い、もしくは仕事が合わない事が明確なのでしたら、迅速に他の業界に転職をすることを検討すると良いでしょう。

介護の仕事は残念ながら他の業界で活かすのは難しいです。そのため、例え勤続期間が短くても迷わずに転職を考える事を言おすすめします。

⇒介護業界から他業界へ転職する方法

今の介護職場が合わないのでないかと感じている方は、介護業界内の転職を考えてみてはどうでしょうか?

介護施設の働きやすさ、待遇も差が激しいです。教育体制が整っている施設もあれば、人手が足りずに教育が整っている施設もあります。また、給料の差も激しいです。

初任給は大卒の給料よりも低くても、真面目に経験とスキルを磨き、介護主任やユニットリーダー、施設長等になれば、年収500万円以上稼ぐ方もいらっしゃいます。ただ、勤続年数が最低でも10~15年以上程掛かる事が多いので、転職者には厳しいかもしれません。

ただ、他の業界でも年収が500万円以上になるには、大卒で入社して30代後半程の企業も多いので、大きな違いはないのではと個人的には思います。

他の介護施設に転職する際は、通常の転職サイト等を利用するのではなく、介護専門の転職サイトか紹介会社を利用するようにしましょう。

信頼できる紹介会社を利用すれば、あなたの希望とする職場環境の介護施設が見つかる可能性が高いです。

もし、今の職場に疑問を持っているのでしたら他の職場に移る事を考えてみると良いと思います。

⇒優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

早期退職に負い目を感じない

自分に合わない仕事内容、職場環境だったら転職活動をすることは当たり前です。

実際に転職するかどうかは別ですが、今よりも良い職場に転職できると感じたのでしたら積極的に挑むべきと言えます。

転職活動を通して、今の職場を比較する事は間違った行動ではなく、危機意識のある当たり前の行動であることを理解しておくと良いと思います。

その結果早期退職することになっても、あなた自身が満足の行く結果になったのでしたら問題はないはずです。

特に介護業界内の転職は、珍しいことではないので、それ程も足を引っ張る事はありません。ただ、他業界に転職する場合は、早期退職が面接で目を付けられる可能性はあります。

20代の方でしたら、正直に合わなかったと言えば問題ない事もありますが、30代以降となると計画性のない方と思われる可能性もあります。そのため、転職が難航する可能性もあるので、できれば在職しながら転職活動をすることをオススメします。

⇒介護職から他業界への転職

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加