ブラックな介護施設からの転職

ブラックな介護施設から転職を考えている人の選択肢は二つになると思います。

一つは、もっと働きやすい介護施設に転職する事と、もう一つは介護業界から他の業界に転職する事だと思います。

ここでは、両方について簡単に説明して行きたいと思います。

介護施設も他の業界同様に、ブラックな企業と比較的な優良な企業が存在します。

ただ、他の業界よりも極端な傾向があります。

介護業界の平均離職率は、17%前後で全産業の平均離職離職率と同じ数値程度になります。ただ、あくまでも『平均』になります。

介護業界の離職率は、低い施設ですと離職率5%前後になりますが、高い施設ですと離職率30%以上になります。

そのため、もし後者の離職率の高い施設から前者の離職率の低い施設に転職できれば、待遇や人間関係を改善できる可能性は高いです。離職率の低い介護施設の特徴は、待遇の良さもありますが、一番は施設長と管理者の人柄と仕事の能力の高さになります。

介護職員の退職の原因のトップは、人間関係と言われています。そのため、施設長と管理者が施設内の人間関係を良好にできる程に離職率は低くなると言われています。また、職員のマネジメントが高い方は重宝されるので、必然的に待遇のよい介護施設に定着します。

もし、介護職員として働き続けたくて、もっと働きやすい介護施設に転職する事を考えているのでしたら優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

他業界への転職を考えている人

もう介護の仕事自体を続けたくない人は、若い内に転職する事をオススメします。もし転職してきた方は、前職の経験を活かせる仕事を探すようにしましょう。

どちらの場合も、素早く行動に移りましょう。

若い人の方が新しい業界に挑戦しやすいので、ズルズルと介護の仕事を続けずに迅速に転職活動に移りましょう。

転職して中途に入った方も、すぐにダメだと感じたら職歴にならない使用期間中に辞める事がベストです。

もし、既に使用期間が過ぎていても、前職の経験を活かせる仕事を働きながら探しましょう。生活資金に余裕があるのでしたら、退職して転職活動をしても良いでしょう。

短期の退職はマイナス評価されて怖いかもしれませんが、介護の仕事を1~2年続けるのと、1年未満で辞めるの場合を比べてもそれ程評価が変わることはありません。

素直に介護の仕事が合わなかったと面接で述べて、前職の経験を活かせる職場をさがしましょう。

もし、介護業界から他の業界の転職を考えているのでしたら介護職から他業界への転職で詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加