介護ロボットは介護職員の人手不足を解決できるか

介護職員の人手不足から、介護ロボットの活躍が地味~に期待されています。

実際に、介護ロボットの開発も少しずつ進んでいます。

ただ、介護ロボットといっても、2足型のロボットが介護職員の代わりに介護をする訳ではありません。

最近では、飲食店などでは、足がローター型になっており、食事の提供などを試験的にやっていたり、ホテルのフロントが会話ができるロボットだったりとテレビでも放送されていますが、そのようなものでもありません。

どちらかと言えば、介護職員が少数でもできるようにする介護職員を補助する機会と言った方が正しいです。

例えば、入浴介助で職員の負担を減らし、少人数でも大丈夫なように、浴槽に出入りする際の動作を支援する機会などになります。他には、介助者の運ぶ際にパワーアシストをするといった装着型の機械等になります。

他にも、移動式水洗便器やアシスト付きのポータブルトイレ等が実際に開発のために研究されています。

介護職員の代わりができるロボットではなく、少数の介護職員でも施設が運営できるサポートタイプのロボット(設備に近いですが)が開発されています。

まあ、実際に2足型の介護ロボットができても、そのロボットに任せっきりの施設に大切な家族を預けたいかと言えば…ないですよね。それこそ、某猫型ロボットクラスでもなければ怖くて身内を預けられませんよ。

スポンサーリンク

介護ロボットの普及率

実際に移動支援や入浴支援などの介護ロボットを売り込みに掛けている企業は存在します。実際に私が介護施設で働いていた時に、介護ロボットの展覧会に来ないかという招待がありました(いきませんでしたけど)。

ただ、普及率事態はかなり少ないと言えます。

もし、普及されるとしたら、介護職員の力仕事や、導入すれば確実に利用者の安全を確保、むしろ安全性を向上できる場合だと思います。

そして、一番のネックの運用費になります。ロボットにしろ、設備にしろ機械はメンテナンスが定期的に必要になります。

1人の介護職員を雇うよりも得か否かでも普及率は変わってきます。そして、普及されていないということは、現状では安全性にしろ、コスト面にしろ普及のための条件が揃っていないのだと思います。

現状の科学技術を考えると、利用者の排泄や移動、入浴補助をする際に介護職員の介護をサポートできるロボットが普及するかどうかといったところだと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加