結婚で退職する男性介護職員

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

一般的には、結婚をすることで、家庭を守るために、あらためて仕事に対して意気込みを入れますが、介護職に関しては、家庭を支えるために、転職の道を選ぶ方が多いです。

20代の人が多いですが、中には30代で他業界に転職する方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

介護職員の平均年収

介護職員の平均年収は、250万円~400万円程とされています。

年収の差は結構あり、エリアマネージャーや施設長、看護リーダーなどになれば、40代で年収500万円~600万円程になる方もいらっしゃいます。

介護職員の平均年収が低い理由の一つは、離職率が高いため、勤続年数の低く、年収の低い職員が多いことも原因とされています。

そのため、離職率の高い施設は、ひたすら働きにくい上に、待遇も悪いと言えます。

一方で、離職率が低く、長期的に働ける環境が整っている施設は、ベテランも多く平均年収も高い傾向があります。

結婚をするために介護職を止める選択

0920_01

施設の先輩や施設長、そしてエリアマネージャーをみれば、今働いている施設に将来性があるか否かは何となく分かると思います。

介護施設は、年齢層が幅広いですが、調べようと思えば、自分以外の職員の平均勤続年数を調べることができます。

年齢層が高く、離職率も高く、平均勤続年数が短い職員しかいなければ、転職する事をオススメします。

20代の方でしたら、他業界の職種への転職も難しくないと思います。

30代の方でしたら、他業界の職種を考えながら、待遇が今よりも良い施設の転職も一つの選択肢として残して置くよいです。

30代ですと、未経験歓迎の応募が非常に少ない上に、未経験者として転職すると、給料が一番低い段階からのスタートになります。

将来的に、年収が上がる目途が立っているのでしたら良いのですが、場合によっては介護の経験を活かして、もっと待遇の良い介護施設や訪問介護の正社員として働く方が給料が上がる可能性もあります。

介護施設・介護事業所の待遇は差が激しい

2097474e985f86a2f83d2a3981f3eac2

介護施設や介護事業所で訪問介護の待遇は、職場によって待遇や給料の差が激しいので、もし一つの施設でした働いた経験がないのでしたら、選択肢の一つとして、もっと待遇の良い介護施設や訪問介護の事業所の転職も考えると良いでしょう。

未経験としての採用ではないので、上手く行けば大幅に給料を増やせる可能性もありますし、休日も増やせる可能性があります。

ただ、結婚が一つの切っ掛けで、介護の仕事を将来的に続けたくはないと決意しているのでしたら、他業界への転職のみを考えても良いかもしれません。

もし結婚をして、家庭を支えるために転職を考えているのでしたら、下手に未経験歓迎の求人を出している企業に転職するよりも、他の介護施設や訪問介護の事業所に転職した方が良い場合もある事を知っておくと良いでしょう。

視野は広く、選択を絞らないのようにすることが、転職を成功させる上で大切なことでもありますよ。

※介護職から転職を考えている人はコチラの記事も参考にして頂けると幸いです。

⇒介護職から他業界への転職

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加