介護施設の囲い込みとは

囲い込みとは、住宅型有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅といった、高齢者に住まいだけを提供する事業が主に行います。この2つに求められている最低条件は、常駐の介護スタッフによる見守りと、生活相談になります。これに加えて、事業者が、自分達が経営している訪問介護や併設しているデイサービスを入居者に利用して貰う事反強制させる事を、『囲い込み』と言います。

本来は、住宅型有料老人ホームやサービス付高齢高齢者向け住宅を運営している事業者とは、他の訪問介護を受けたり、デイサービスにいく事も出来ますが、住宅側の事業者が自分達が経営している介護サービスを利用することを入居の条件にしていることが多いです。

この『囲い込み』が問題になった理由は、事業者が利用者に対して、不必要な介護サービスを押し付ける等が多発したことが原因です。

そのため厚労省は、集合住宅と同じ敷地内にある訪問介護やデイサービスを受けると介護報酬が10%減額するという方針をとるようになりました。この方針は、確かに悪質な業者の囲い込みを防ぐことに一定の効果がありましたが、反対に囲い込みをしながらも、適切な介護サービスを提供していた事業者にとっては、経営に大きな打撃を受けたと言えるでしょう。また、事業者の中には、入居者第一に、サービスを選べるように気を配ってい方も当然いらっしゃいます。

囲い込みと言うと言葉は悪いですが、ある意味施設を運営し、利益を出す上では経営戦略の一つとも言えます。

事業を成り立たせるには、利益の確保は必要です。集合住宅を運営していた事業の中には、賃金を安くして、介護報酬で利益を出している事業者もいます。

そのため、この方策で賃金の値上げなどを踏み切る事業者も多くいらっしゃったと思います。

そして、結果的に利用者の負担にも繋がります。

悪質な業者を取り締まることは大切ですが、そのために適切なサービスを提供している事業者にもダメージを与える方策以外なかったのか少し疑問に思えますね。

ただ、利用者とケアマネジャーと話し合った上で、介護サービスの内容を考えた上で、併設型のデイサービスを運営していたり、訪問介護を提供している施設は、まだ結構存在しており、信頼できる企業が運営していれば、何やかんやで入居する側も、手間が関わらずに便利でもあります。

そのため、最終的には、囲い込みという言葉が悪いのではなく、サービスを提供する側の信頼できる企業か、それとも利益のみを追い求めるてる悪質な企業かで、利用者の負担も大きく変わってきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加