男性職員が多い介護施設は働きやすいのか

475564

最近少しずつですが、男性の介護職員の人たちも増え始めているみたいです。

男性の介護職員に対しては、それぞれ色眼鏡で見られることもあり、残念ながらそれほど評判が良い…というわけではないみたいです。

ただ、逆に男性の介護職員が助かることもあります。

男性の介護職員が敬遠されがちな理由

理由の一つとしては、利用者の家族は、女性の介護職員に任せたいと思う気持ちがあります。介護職員は、性別関係なく介護する事が普通のため、やはり女性の利用者が男性職員に介護されるは…と感じる家族はいるみたいです。

そのため、施設側も男性の採用は最近まで敬遠しがちでした。

ただ、最近は人手不足という理由もありますが、男性職員の採用も増えてきています。

スポンサーリンク

男性の介護職員が施設に与えるメリット

一番頼りになるのは、『力仕事』になります。

介護は、予想以上に力仕事が多く、腰を痛める方が大勢いらっしゃいます。

特に入浴介助や、寝たきりの利用者をベッドに移す時などは、男性の力があると非常にたすかります。また、介護の備品の中には、重たい物も多く、女性だけでは移動が困難な時もあり、男性職員がいるか否かで備品の移動等に掛ける人手が変わってきます。

あと、施設によっては、介護施設内の雰囲気を良い方向に変えてくれます。

介護施設は、前述したように女性中心の職場です。そのため、職員同士で派閥があったり、隠れたイジメなどが施設によってはあります。

逆に、一定数の男性が働いていると、女性独特の派閥争いや、イジメや陰口が減る傾向があるみたいです(男性がターゲットにされていない事を祈りましょう)。

男性職員に対する言われる不満

介護職員の女性が男性職員に述べる不満として多いのが「細かいところに目が行かない」事と、「業務優先」の傾向がある所みたいです。

簡単に言えば、仕事の決められたスケジュールを時間通りに進めて行く事を優先してしまい、利用者に対して細かい気配りができていいない男性職員が目立つみたいです。

勿論、目立つだけで、女性職員も関心するよう男性職員もいらっしゃいますが、やはり女性よりも細かい気配りをするのは、難しいみたいですね。

男性職員が多い介護施設は働きやすいのか

やはり、施設による…となると思いますが、女性による派閥争いや、新人イジメといった嫌な部分は少ない傾向にあるのは確かだと思います。

また、利用者の中には問題行動を起こしたり、職員に攻撃的な行動を取る方もいらっしゃいます。

ただ、利用者も女性職員に攻撃的な行動ができても、男性職員の前では大人しくなる人も結構いらっしゃいます。明らかに自分よりも強そうな男性職員がいると、やはり男性の利用者の態度は結構違うみたいですよ。

⇒ブラックな職場から待遇のよい介護の職場へ転職する方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加