介護施設はブラックな職場環境?

913bb247c462f1fc9220331d13f28be8_s

結論から言えば…施設によります。

そんなの、当たり前じゃないか!と思うかもしれませんが、介護職未経験の方や、専門学校を卒業後に働き始めた人は、最初に就職した介護施設がブラックだと、

『介護職の仕事=ブラック』と思い込んでしまう人がいらっしゃいます。

スポンサーリンク

優良施設とブラック施設の待遇が極端

介護施設程、施設によって待遇や環境が異なるのも少なくないです。

どれだけかと言うと、離職率が8.5%以下の施設がある一方で、離職率が30%を超える施設もあることです。前者は、全体の3~4割程で後者も同じぐらい存在します。間の数値の施設は、むしろ少ないことになります。

優良な施設では、サービス残業はなく、残業はあっても手当はしっかりと出ます。

また、シフトの自由や有休の使用も認められています。

逆に、ブラックと呼ばれる施設は、有給は使えないわ、サービス残業は当たり前という環境になります。

もし、今あなたがブラックな職場環境にいると思うのでしたら、一度職場を変えてみる事を検討してみてはどうでしょうか?

介護という社会貢献性の高い仕事に挑戦する気持ちがあるのに、そんな職員を使い潰そうとする施設にいる施設のせいで、介護の仕事を諦めるのは勿体ないです。

紹介会社等を使用して、優良な施設で介護の仕事に再度挑戦してみる事をオススメします。

施設長が原因による場合

運営している企業が問題なのではなく、施設長に問題がある場合もあります。

まあ、問題のある施設長を抜擢している点で、施設を運営している企業に問題があるのですが(もし施設長が実質的なトップでしたら、見切りを付けて職場を変えましょう・・・)

施設の人間関係や、働きやすさは施設長の人柄によって変わります。

もし、施設の給与や福利厚生等が問題ではなく、施設長の人柄が問題なのでしたら、同僚や先輩とで企業の本部やエリアマネージャーに直訴するのも一つの手です。

施設の過半数以上が、あなたと同じように施設長に不満を持っていて、代えて欲しいと言えば、普通の企業なら変更します。

ここまでするなら、職場を変更した方が早いと思うかもしれませんが、そこはケースバイケースになります。『労働条件は良いのに、施設長が横暴で嫌だ・・・』と、施設長以外には満足している人にとっては、新しい職場に移る労力を費やすよりも、今の施設で働けるのでお勧めです。ただ、注意して欲しいのは、あなた一人では無理です。同じように、不満を持っている人がいる事が前提になるので注意してくださいね。

⇒介護業界にホワイト企業は存在するのか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加