介護職のキャリアプランはどういったものか?

616a2778ae9c17219454eaeb6a49cb12_s

就職難の続く現状で、介護に興味を持つ学生、第二新卒者が増えているみたいですが、実際に介護のキャリアアップまで考えている人や調べる人は案外少ないみたいですね。

もしかしたら、目に見えるキャリアアップがないと決めつけて、調べてない可能性もあるかもしれませんが・・・・(まあ、若干間違ってないのが悲しところですね)

あまり、悲観的な事ばかり書くのはどうかと思うので、それなりに将来性のあることも書いて行こうと思います(笑)

もし、今現在介護職で働いている人で、将来の見通しが見えないならば、参考にしてみてください。もしかしたら、これからの目標が見つかる・・・かもしれませんよ!

ケアマネジャーの資格を取る

介護施設にそれなりの権力と給料がもらえるのがケアマネジャーです。介護業界でケアマネジャーの資格を活かして働い行けると、以外に安定して働いて行けます。

ケアマネジャーの資格までとれると、年収は約400万円ほどになります。もちろん、介護職や相談員等を兼務した上の年収ですがそれでも、介護業界では高い方と言っていいでしょう。

なおケアマネジャーの特権である、ケアプラン(利用者の介護プラン)の作成は一件あたり月10,000~15,000です。ただ、依頼を引き受ける過ぎると単価が下がるので、ケアマネジャーとしての収入には制限が付いています。

これだけ聞くと微妙と思いますが、実はケアマネジャー同士のパイプは結構強く、ケアプランの作成依頼なども結構斡旋してもらったりします。

また、絆が強いので施設側も下手な事で気分を害さないように気を使ってくれたります。何故なら、ケアプランを作成してもらわないと介護施設は運営できないからです。ケアマネジャーの達を怒らせると・・・大変なことになります(笑)

では、そんなケアマネジャーになる条件はというと、結構時間が掛かります。

難しいのではなく、時間が掛かります。

 

試験を受けるのに実務5年の壁が立ちはだかります。

試験自体は、普通に勉強するえば受かるレベルですが、実務5年はなかなかハードルが高いです。5年あれば、他の資格に全力を注いで転職した方がと思うかもしれません。

むしろ、公務員試験に・・・・

まあ、働きながら資格が取れる難易度なのは魅力的ですし、他の資格と違い確実に活かせる資格というのは魅力的だと思います。

今では、公認会計士や弁護士ですら就職難の時代ですからね・・・・

また、受けるためのハードルがそれなに面倒なため、需要は高く、就職難になる事はないと思います。目指して見る価値は十分あると思います。

施設長になる

言葉通り施設のトップです。

これは、ピンからキリまでいます(笑)

名ばかりの施設長ですと、他の介護職員より少し給料が上昇するだけの場合もあります。まあ、いわゆる雇われ施設長です。よく、求人で「未経験歓迎・管理者候補募集」とかで募集しているのが、これに当たります。もちろん、全部ではなく、法人によっては職員に目標を与えるため、高い給料を設定している場合があります。それこそ、一千万に届く場合もあるようです。

また、雇われ施設長ではなく、身内や創業メンバーの場合は凄いと2千万とかい行きますが、これは・・・・例外ですね^^;

※なお、介護職員の給料についてもっと知りたい人はコチラをどうぞ

施設長を目指す場合は、その法人の施設長が創業メンバー等の身内じゃないか確認し、違った場合は、普段の施設長の羽振りを観察して見ましょう。

ただ、8割は仕事の忙しさと、責任の割に見合わない年収可能性が高いでしょう。

正直、安定の給料と適度な責任のケアマネジャーの資格を活かし仕事をした方が有意義な気がします。また、人間関係の中心にもなるのでメンタルも強くないとやっていけない職務にもなります。

本社配属・エリアマネジャーになる

これは、複数の施設を持ち、それなりに大きな法人であることが前提になります。

また本社配属といっても、経営や施設運営に深く関われる役職に就くことが前提です。そのためには、施設長になって結果を出すこと。規模が大きい法人ならば、施設長からさらに、エリアマネージャーになり、多数の施設を黒字ベースにするなどの結果が必要となります。

道は極めて困難と言っていいでしょう。

ただ、それだの道を進んだ価値はあり、法人にもよりますが、それなりの年収は保証されます。(できれば、このキャリアプランを選ぶなら、事前に目指す役職の人と話したり、観察したりしましょうね^^;)

その他のキャリアプラン

基本的には、前述したのが代表的な介護職のキャリアアップです。他にも、介護職を止めて、専門学校に行き、准看護師の資格を取るかたも少数ですがいらっしゃいます。

一応働きながらでも取れますが、普通は一度仕事を辞めて、専門学校に通うことになりますので、キャリアアップとは少し違うかもしれません。

看護師については、また別で詳しく説明しようと思います。

最後に

介護職は、よくブラックとか激務等聞きますが、正直にいうと他の企業と同様にブラックと言える施設もあれば、働きやすい職場もあります。働きやすい職場は、本当に働きやすいみたいですよ。人間関係に困らないのは、それだけで仕事のストレスを減らしてくれます。ただ、労働条件や給料はお世辞にも良いとは言えないのも現実です。

ただ、一番大切なのは自分が将来何をしたいかを心がける事が大切だと私は思っています。

そして、この記事が少しでも役立つことを祈っています。

⇒介護業界にホワイト企業は存在するのか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加