ブラック企業の残業とは

39807d4127b678b3c8cb398660ab755f_s

ブラック企業かどうかのラインは、個人によって違いますが、とりあえず過重労働が挙げられます。労使協定等を一切無視し、残業を強要することです。

これで、サービス残業だったり、見なし残業代が明らかに少ない場合は文句なしでブラック企業・・・・というより法律違反です。

労働は一日8時間、週に40時間以上の勤務は原則禁止されています。

ただ、ここで問題になるのは36協定と呼ばれるものです。

期間 1週間 2週間 4週間 1カ月 2ヶ月 3ヵ月 1年
時間数 15 27 43 45 81 120 360

36協定には、通常、「1日」、「1ヶ月」、「1年」という期間ごとに、限度時間が協定されています。

監督官は、タイムカード等の労働時間管理に用いる帳票を確認して、法定時間外・法定休日労働が、36協定における限度時間に収まっているかどうかを確認します。

ここで注目して欲しいのは、36協定でも月に45時間以上の残業はできないようにされているんですよ。

スポンサーリンク

45時間以上の残業が許される理由

それは、一つには36協定の特別条項が挙げられます。

簡単にいえば、言葉通りの意味で、緊急性の高い問題や状況になった時は、労働時間の定めをオーバーしても認めるということです。

そう、緊急性の高い問題なんですが、その定義は曖昧にされており、また本来は特別条項の回数も6回と決められているのですが、企業の内々の使用者と労働者の話合い次第で制限が外せるんですよ・・・・

また、こんな特別条項に頼らずに、タイムカードを切らせて残業を強要するような悪質な企業もあります。

あと、もっとも多いのが36協定を結び、見なし残業代もしっかり払っているということを免罪符に、残業が正当なものと主張している企業です。中小に多いのですが、勘違いをしていて、本当に正当だと思っているのが悪いところです。

また、過労死ガイドラインとの矛盾もあります。

過労死ガイドライン

この点、厚生労働省は、過労死の危険性があるガイドラインについて次のように定めている。

①発症前1ヶ月ないし6ヶ月にわたって、おおむね45時間を超えて時間外労働時間が長くなるほど業務と発症との関連性が徐々に強まる②発症前1ヶ月間におおむね100時間または発症前2ヶ月間ないし6ヶ月間にわたって1ヶ月あたりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できる                              (基発第1063号 平成13年12月12日)

見て頂いた通り、45時間を1、2回少し超えた程度では過労死ラインに引っかかりもしません。

6か月連続でようやく、関連性が出てくるって・・・・・もっと厳しくしろよと思います。

このように、36協定にしろ過労死のガイドラインにしろ、労働者にとっては中々厳しいものがあります。

危険と感じたら

正直逃げることが一番です。

個々の力で、会社の環境を改善するのは現実てきではありませんし、日々の残業で体力がない中では、改善しようとする気力もわかないでしょう。

最悪、体を壊しますしね。

ただ、泣き寝入りするかは別問題です。

タイムカードのコピーをしっかりとり、労基に報告するなどして、未払いの残業代などがあればしっかり取るなどの対策をしましょう。

前回の記事では介護がブラック業界か述べさせてもらいましたが、私としては業界に焦点を上げるのではなく、個々の企業に注意することをお勧めします。

ブラック業界と呼ばれていても、企業によっては優良な企業もあります。

逆に、ブラック企業はどの業界にも存在します。

間違っても業界だけで判断することのないように注意しましょう!

介護業界の残業は少ない

「介護業界の残業が少ない訳ない!」

と思っている人は少なからずいらっしゃると思います。

しかし、実は現場で働く介護職員の半数は、残業なしで帰宅しているとされています。

流石に施設長や正社員の介護主任やリーダーとなると、残業を避ける事は難しくなってきますが、役職なしの介護職員の大半は残業なしで帰宅しています。

もし、現場の介護職員なのに残業が何時間もある…というならブラック寄り介護施設の可能性があります。

全額残業代が支給されているでしょうか?

・人が直ぐ辞めていないでしょうか?

・施設長が何もせずに仕事だけを任せてこないでしょうか?

もし、上記のような特徴があるのでしたら、あなたの働いている介護施設は問題を抱えている可能性があります。

一度転職を検討してみも良いと思いますよ。

優良な介護施設で働ける介護専門の紹介会社

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加